お知らせ

 阿智村を訪れた人に、地域の魅力を案内するガイドになりませんか?

 今、星空や温泉を目当てに多くの人が阿智村を訪れています。そうした人たちに各地区のなにげない風景や歴史を楽しんでもらおうと、全村博では地域ガイド(有償)を立ち上げます。それに先立ち、ガイド講座を開催します。

 村に住んでいても知らなかった新たな地域の魅力を知り、人に伝えるスキルを学びます。

 受講後は実際にガイドとして登録していただくことができます。

 (受講のみも歓迎です!)


〇地域ガイド養成講座2019 全4回

 講師:南信州観光公社

①9月14日(土)9:00~12:00 講義「体験型観光とコーディネート組織の役割」

➁9月22日(日)9:00~12:00 講義「プログラム進行と、伝え方」

➂10月5日(土)9:00~16:00 実践研修「東山道を歩く」「安全管理について」

➃10月19日(土)9:00~12:00 ふりかえり


*9月2日(月)までに、下記へお申し込みください。

 申込み・問合せ先

阿智村役場 協働活動推進課 全村博物館構想担当

電話 0265-43-2220  メール achi.zensonhaku@gmail.com

 昨年行った「聞き書きプロジェクト」を、今年も開催します。

このプロジェクトでは、戦時中~現代まで阿智村の様子や人々の生き様などについてお話を聞き、文章にまとめ記録します。昨年参加した方からは「聞き書きに取り組んでみて、これからの地域や自分の生き方などを考えるようになった」などの感想がありました。

今しか聞くことのできないお話を、一緒に聞いてみませんか。


【第1回聞き書き講座2019】

開催日 2019年 9月1日(日)13:00~18:00

場 所 阿智村 中央公民館

講 師 大門正克氏(早稲田大学教授)

内 容 ①聞き書きとは ②聞き方・書き方 ③聞き書き模擬実践・感想交流

受講料 無料

申込み 8月26日(月)までに下記へお申込みください。

    阿智村役場 協働活動推進課 全村博事務局

    ☎ 0265-43-2220 ✉ achi.zensonhaku@gmail.com


【今後のスケジュール】

〇聞き書き実践 10-12月、実際に話を聞き→テープ起こし→原稿作成

〇冊子まとめ  2020年1-2月、原稿を最終編集し、冊子を作ります。

〇報告交流会  2020年3月、聞き書きの内容を発表し、共有します。


*聞き書きとは

 歴史を調べる手法の1つで、経験者などから話を聞き、文章にまとめます。私たち一人ひとりの言葉で歴史を未来へつなげます。


*講師のご紹介

 大門正克氏:早稲田大学教育・総合科学学術院教授。日本近現代史が専門。著書「語る歴史、聞く歴史」「近代日本と農村社会」ほか。

地域に暮らすネコの現状を知り、ネコの適正な飼育方法を専門家から学ぶ学習会を開催します。

昼神温泉において実施したノラネコ生息調査の結果などもご報告します。多くの方のご参加をお待ちしています。

 

『地域と家庭に暮らすネコについての学習会』

日 時:2019年8月2日(金)19:00~

場 所:阿智村 中央公民館

講 師:飯田保健福祉事務所 獣医師

参加費:無料

 

 また、現在中央公民館では「ネコ展実行委員会」が調査した昼神温泉郷のノラネコ調査の結果を展示しています。

こちらもぜひご覧ください=^_^=

 

*「ネコ展実行委員会」は、今冬に東山道・ビジターセンターはゝき木館で行う企画展「ネコ展(仮)」を準備している会です。

 阿智村にはたくさんの自然があり、いろいろな生き物が暮らしています。

全村博では「生きもの探しプロジェクト」を結成し、定期的に調査をすることで阿智村の自然環境の変化を記録していきます。今回はその第1回として、どんな生き物や草花が暮らしているのかみんなで探します。専門家と一緒に生き物を観察し、阿智村の自然環境の特徴などについてお話しいただきます。

  【やること】

・生き物を見つける

・種類を調べる

・専門家に教えてもらう


【開催日】2019年9月16日(月・祝)、小雨決行

【時 間】9:00~12:00

【場 所】阿智村 伍和地区

【講 師】長野県環境保全研究所  

【参加費】無料

【持ち物】帽子、タオル、飲み物、雨具(カッパ)

     (あればたも網・虫捕り網・観察用に虫かご)

【服 装】汚れてもいい服・靴(できれば長靴)

【対 象】小学生~大人

【申込み】9月9日(月)までに、☎ 0265-43-2220 ✉ achi.zensonhaku@gmail.com

     阿智村役場 協働活動推進課 全村博事務局

     へお申込み下さい。

2019年7月20日発行 全村博だより第16号

・「地域ガイド養成講座」を開講します

・「聞き書き講座2019」を開講します

・「プレネコ展」を開催します

・今年もお蚕さま、始めました

ビジターセンターはゝき木館にて、企画展「清内路煙火-火薬づくり300年の歴史と情熱-」が始まりました

・阿智校×地域

・生きもの調査を行います

・地域おこし協力隊が決まりました

・手しごとプロジェクトが動き出しています


東山道・園原ビジターセンターはゝき木館において

7月13日(土)より企画展「清内路煙火-火薬づくり300年の歴史と情熱-」を開催しています。

阿智村・清内路地区では約300年前から花火作りに取り組んでおり、今でも火薬づくりから地域の人が行っているのはここ清内路だけです。

この展示では、間近で見る機会の少ない火薬づくりの道具や仕掛けなども展示しています。

花火づくりに携わる、地域の人たちの思いにも触れてください。


「清内路煙火-火薬づくり300年の歴史と情熱-」

 日程:7月13日(土)~9月1日(日)

 時間:9:30~16:30 観覧無料・火曜定休



2019年6月20日発行 全村博だより第15号

・草木染① ゼンマイ・ヨモギ染めを行いました

・裂き織り① 織り機を作りました

・ネコ調査を始めました

・お蚕さま、始まります

東山道・園原ビジターセンターはゝき木館 企画展「アチノヒト美術作品展」開催中

 企画展「清内路煙火-火薬づくり300年の歴史と情熱-」7月13日から

・阿智校×地域

・講座「中馬街道の歴史と地名」のご案内

・伍和地区 古料にて 昔のお話聞きました

・阿智村の伝統芸能 Vol.1「木賊獅子」


 

熊谷元一写真童画館より、コンクールのお知らせです。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――


阿智村は、膨大な農村記録写真を遺した熊谷元一氏の功績を称え、現代に生かし発展させるとともに、心豊かな生活文化を創造実現するため、阿智村は「農村記録写真の村」を宣言しました。

その一環として、1998年に信濃毎日新聞社の共催をいただき、このコンクールを創設しました。


*テーマ部門「食べる」

 毎日おいしく食事をされていると思います。でも食べるまでには、多くの人々の努力と愛情が注ぎ込まれています。

食べることは生きることにもつながります。大好きな人においしいものを食べさせてあげたい、そんな気持ちが伝わる写真をいっぱい撮って、じっくり選んで送っていただきたいと思います。

食べる事の喜びと、食べ物にかかわるさまざまな場面の楽しさが、いきいきと伝わる写真を期待しています。


*阿智村内撮影部門

 テーマにとらわれない、阿智村内で撮影した作品を対象にした部門です。元一作品にみられる、人を中心とした生活記録写真の精神を受け継ぐ力作を期待します。

自然、祭り、温泉、史跡・旧跡・・・、美しく被写体の宝庫である「阿智村」を撮影して作品をお寄せください。

全村博では今年、『みんなで阿智村の生きものを調べよう』と、生きもの調べプロジェクト2019を起ち上げました。

5月15日に行った準備会では、昆虫や植物、両生類などとにかく『生きものが好き!』という人が集まって話し合い、下記のことが決まりました。


        『生物調査をまず1回、実施してみる!』

 ・8月に生きもの調査イベントを開催する。

 ・小学生が参加できる形にする。

 ・観察対象は昆虫、植物など、そのエリアにいる生物すべて。

 ・開催場所は、伍和地区。

 ・専門家を依頼し、当日来てもらう。


次回の話し合いでは、もう少し詳しく内容を詰めていきます。

この会ではいつでもメンバーを募集しています。ぜひ来てみて下さい!

       生きもの調べプロジェクト2019 会議

     日時:2019年6月14日(金)19:30~

     場所:阿智村 中央公民館 会議室3

     ※申込みは不要です。

*6月のイベント情報載ってます*


阿智村は星空が有名ですが、昼間は見るところがない…?そんなことはありません。ちょっと足を延ばして村内を巡れば、魅力あるヒト・モノ・コトに出合えます。

自然とともに阿智村にある“屋根のある博物館”をめぐりませんか?個性ある5つの博物館がお待ちしています。

【屋根のある博物館って?】

 阿智村では、村全体を屋根のない博物館として、そこにあるモノ・ヒト・コトを価値あるものとして大事にしています。それが、全村博物館構想です。

もちろん村内にある“屋根のある博物館”も、その中の1つです。

個性ある5つの博物館が、あなたをお待ちしています。

詳しくは画像のパンフレットをご覧いただくか、下記のリンクから各施設のホームページをご確認ください。


東山道・園原ビジターセンターはゝき木館


彩り季節風GOKA


ミュー自然美術館


満蒙開拓平和記念館


熊谷元一写真童画館

東山道・園原ビジターセンターはゝき木館において

5月22日(水)より企画展「アチノヒト美術作品展」を開催します。

人口約6,300人の阿智村で、美術作品を創作している11人の作品展です。

日本画、油絵、水彩画、水墨画、版画、工芸、書など、さまざまなジャンルの作品を展示しています。

11人11色の魅力が輝く、アチノヒトの美術作品をご覧ください。


   企画展「アチノヒト美術作品展」

 日程 2019年5月22日(水)~6月30日(日)

 時間 9:30~16:30(観覧無料、火曜定休)

 場所 東山道・園原ビジターセンターはゝき木館


◎期間中、コンサートが開催されます◎

*2019年6月9日(日)14:00~ 雅楽コンサート(雅楽愛好衆 千里)

 観覧無料

*2019年6月23日(日)13:30~ 夏至の園原Jazzコンサート(森田トリオ)

 ¥3,000(中学生以下無料、前売り、高校生割有り)

 ※詳しくははゝき木館HPをご覧いただくか、はゝき木館へお問合せ下さい。


東山道・園原ビジターセンターはゝき木館

 長野県下伊那郡阿智村智里3604‐1 

 TEL・FAX 0265(44)2011

 [開館時間]9:30 - 16:30 

 [休館日]火曜(祝日の場合、翌日休館) 


*全村博は、東山道・園原ビジターセンターはゝき木館の展示を企画しています。

2019年5月20日発行 全村博だより第14号

・「聞き書き報告交流会」を開催しました

・「生きものしらべプロジェクト」準備会

・私の宝もの №6

・阿智校×地域

東山道・園原ビジターセンターはゝき木館 企画展「アチノヒト美術作品展」

・東山道・園原ビジターセンターはゝき木館 「ネコ展」企画メンバー募集

・「裂き織り」参加者募集